邦画

日本映画のオールタイムベスト(キネ旬選出)

老舗の映画雑誌「キネマ旬報」(キネ旬)が2009年に発表した歴代の日本映画(邦画)の「オールタイム・ベスト」(史上最高作品)のランキングです。 おすすめの感動映画や不朽の名作、昭和・平成を代表するコメディ、サスペンスなどが勢ぞろい。 映画評論家や映画監督・脚本家らの業界関係者などが投票し、キネ旬が集計しました。 1位は「東京物語」、2位は「七人の侍」、3位は「浮雲」。 ストリーミング動画配信(Amazonビデオ、Netflix、U-NEXT、Huluなど)とともに一覧にしました。(キネヨコ編集部)

参考文献:オールタイム・ベスト 映画遺産(キネ旬ムック)

順位 作品名
(公開年)
監督、解説
東京物語
(1953年)

予告編(Amazon)→

U-NEXT→
小津安二郎監督。人生のわびしさと悲しさを何気ないタッチで描いた小津映画の名作。海外での小津ブームのきっかけとなった。 日本映画としてだけでなく、洋画を含めた世界全体の映画としても最高傑作とも言われれる。 世界の映画監督の投票によって2012年に選んだ「世界史上最高の名作映画」(イギリス映画協会主催)でも、「市民ケーン」や「2001年宇宙の旅」をさしおいて堂々の1位となった。
七人の侍
(1954年)

Amazonビデオ→
日本が誇る巨匠・黒澤明監督の代表作。 世界のアクション映画史に燦然と輝く金字塔である。 黄金期にあった日本の映画界の総力が結集されている。 アメリカのハリウッドが原作権を獲得し、西部劇「荒野の7人」となった。
「浮雲」
(1955年)

Amazonビデオ→
黒澤、小津、溝口の3大巨匠と比べて過小評価されているとも言われる成瀬巳喜男(みきお)監督の代表作。 日本史上最も優れた恋愛映画と評される。 妻子ある男と、女の愛情を描いた大人のラブ・ストーリー。 激動の終戦直後が舞台。 原作は、昭和の伝説的な小説家、林芙美子(ふみこ)。
「幕末太陽傳(でん)」
(1957年)

Amazonビデオ→
45才で亡くなった鬼才・川島雄三監督の代表作。 コメディ時代劇。 「居残り佐平次」「芝浜の革財布」「品川心中」といった古典落語をミックスさせ、 テンポの良い喜劇に仕立てた。 さらに、高杉晋作という実在の人物と幕末の騒然たる時代相をアレンジさせている。 主演は、ドラマーから役者に転じたフランキー堺。 石原裕次郎が脇役として高杉晋作を演じる。
「仁義なき戦い」
(1973年)

Amazonビデオ→

Netflix→

深作欣二監督。 暴力団の抗争を実録ふうに描いた。 戦後の日本のヤクザ抗争の中で最も激烈だったとされる「広島抗争」を描いた。 元暴力団組長の獄中手記をもとに、 飯干晃一が週刊誌に連載した小説が原作となっている。

暴力団の実話をベースとする「実録シリーズ」の第1作。 この作品をきっかけに、 1960年代後半の「仁侠映画」とは一線を画すバイオレントなヤクザ映画が流行した。 荒々しい手持ちカメラの映像が、 ドキュメンタリーを見ているかのような生々しさで迫る。
「二十四の瞳」
(1954年)

Amazonビデオ→

U-NEXT→
田舎の女性教師と12人の教え子が綴る愛と涙の物語。泣ける映画の決定版。木下惠介監督。

作家、壺井栄の小説を基につくられた。 舞台は壷井の故郷である香川県・小豆島。 この島で長期ロケを行い、子役も現地の素人を起用した。

純粋無垢な少年少女たちが成長し、戦争と貧困で傷ついていく。 激動の戦前・戦中・戦後の昭和史が描かれている。 「静かなる反戦映画」として受け止められている。
「羅生門」
(1950年)

Amazonビデオ→

U-NEXT→

Netflix→
黒澤明監督が初めて国際的な評価を獲得した記念すべき作品。 平安時代を舞台に人間のエゴを描いた。 映像美が世界で絶賛された。 原作は、芥川龍之介の小説。

1951年のベネチア国際映画祭で作品賞(金獅子賞)を受賞。 日本映画として初めてメジャーな国際映画祭での栄冠となった。 映画界のみならず、敗戦(1945年)のダメージに打ちひしがれていた日本全体に希望を与えた。 さらに、1952年には米国アカデミー賞の名誉賞(現在の外国語作品賞)に選ばれた。
「丹下左膳餘話 百萬兩の壺」
(たんげさぜんよわ・ひゃくまんりょうのつぼ)
(1935年)

本編(前編)→

本編(後編)→

Amazon→
戦前、天才監督として大活躍したあと徴兵され、28歳という若さで病死(戦地・中国での赤痢)した山中貞雄の作品。 山中監督の現存している3作品のうちの1つ。

時代劇。 日本製ホームコメディの最高傑作と言われている。 今なお斬新で、普遍的なユーモアセンスが光る。
「太陽を盗んだ男」
(1979年)

予告編→

Amazon→
中学校の理科の教師が自家製の原爆をつくり、それをネタに政府を脅迫するという大胆なドラマ。 1970年代に人気ナンバー1の歌手だった沢田研二が主役を演じた。 警察役は菅原文太。

スリリングでかっこいい。純粋に楽しめる高品質なエンタメ作品であるとともに、 「虚無感」「アナーキズム」が漂う都会派の人間ドラマになっている。

劇場公開されたときはヒットしなかった。 しかし、熱心な映画ファンからは大好評を博し、その年のキネマ旬報の読者投票で1位に選ばれた。 その後、年月を重ねるにつれて評価が一段と高まり、 日本映画史に残る名作として位置づけらている。

長谷川和彦監督。 親日派の脚本家レナード・シュレーダーと長谷川が脚本を書いた。 相米慎二(助監督)や黒沢清(制作進行)など、後に邦画界を背負う人材がスタッフに名を連ねている。
10 「家族ゲーム」
(1983年)

予告編(Amazon)→
日本映画界に新風を吹き込んだ森田芳光監督の代表作。 斬新な映像や演出が称賛された。 森田監督は当時33歳。衝撃的な出世作となった。 特異なキャラクター、カメラワーク、色づかいなど、 様々な面でユニーク。 音楽を一切使わず効果音をフルに生かす手法も話題となった。主演・松田優作の演技も絶賛された。

受験生を抱えてピリピリする家族と、 そこに家庭教師としてやってきた変わり者の男が展開する喜劇的なホームドラマ。

キネマ旬報ベストテンで1位に輝いた。 1984年の日本アカデミー賞では、 作品賞のノミネートされた。 しかし、「楢山節考」に敗れた。

キネマ旬報が2019年に発表した「1980年代日本映画ベストテン」では、 堂々の1位となった。
「野良犬」
(1949年)

Amazonビデオ→
黒澤明監督による犯罪サスペンス映画。 敗戦直後の混乱した東京が描かれている。 三船敏郎が演じる新米の刑事が主人公。 この刑事が拳銃を紛失するところからストーリーが始まる。

俳優にカメラを意識させないでリアルな感じを出すために、当時ほとんど使用されていなかった長焦点レンズで撮影した。 黒沢監督の演出力が光る。
「台風クラブ」
(1985年)

YouTube→
相米慎二(そうまい・しんじ)監督が37歳のときにつくった作品。 台風によって学校の校舎に閉じ込められた男女数人の一夜のストーリー。 思春期の不安定な心情が描かれている。

相米監督は盛岡市出身。中央大中退後、日活を経てフリー。「セーラー服と機関銃」「魚影の群れ」などでも有名。 本作は、監督として5本目となる。記念すべき第1回目(1985年)の東京国際映画祭でヤングシネマ大賞を受賞した。

また、相米監督は1998年の「あ、春」でベルリン国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞。キネマ旬報ベストテンの第1位に選出された。 しかし、肺がんを患い、2001年に53歳という若さで亡くなった。
13 「生きる」
(1952年)

予告編(Amazon)→
黒澤明監督。 死を目前にした男の生きざまを描いた。 主人公は公務員。30年間無欠勤。 お役所で「事なかれ主義」的に仕事をこなす平凡な毎日を過ごしていた。 しかし、自らの余命が短いと知り、人生の最期に人間として手ごたえをつかみたいという意識が芽生える。 主役の志村喬(たかし)がブランコで「命短し・・」と唄うシーンは名場面として多くの人の心に刻まれている。
「洲崎パラダイス 赤信号」
(1956年)

Amazonビデオ→
川島雄三監督。 東京の江東区東陽一丁目近辺に実在していた遊郭「洲崎パラダイス」。 この町に駆け落ちしてきたカップルと、遊郭の住民たちを描いた。 日本のメロドラマの歴史に残る名作と言われる。また、日活映画の最高傑作の一つとされる。
「天国と地獄」
(1963年)

Amazonビデオ→
黒澤明監督。 誘拐事件をテーマにしたスリリングな作品。 それまでの日本映画にはなかったようなサスペンスの連続と、 モノクロの特性を生かした新鮮な映像が衝撃を与えた。 本作で描かれた巧妙の手口を模倣した犯罪が多発し、社会問題になった。 身代金を要求されるお金持ちを演じた三船敏郎ら、役者たちの演技も称賛された。
「飢餓海峡」
(1965年)

Amazonビデオ→
内田吐夢監督。 敗戦直後の荒廃した日本が舞台。 北海道と本州を結ぶ船「青函(せいかん)連絡船」の転覆事故。そして、同じ日に北海道で起きた強盗・放火事件とその後を描く。 ドキュメンタリータッチで展開される重厚なドラマ。
17 「切腹」
(1962年)

予告編(Amazon)→

U-NEXT→

小林正樹監督。 武士の失業があふれた江戸時代の初期が舞台。 貧乏な老武士の意地(サムライ精神)を描くとともに、 富を握る権力者の虚飾を痛烈に批判した。

国際的にも高い評価を受け、カンヌ国際映画祭の審査員特別賞を受賞した。 また、主演の仲代達矢の演技も称賛され、キネマ旬報ベストテンの主演男優賞を受賞した
「赤い殺意」
(1964年)
今村昌平監督。 日本の家族制度のもとで弱い立場に甘んじていた嫁が、強盗犯に犯されるという事件をきっかけに、強い女に変身。 バイタリティーを爆発させる。

古い封建制度と因習が根深く残っていた東北が舞台。 今村監督のねちっこい演出が光る。 主演の春川ますみの好演も称賛された。

後の日活ロマンポルノの先がけ的な映画ともいわれる。
「東京オリンピック」
(1965年)

Amazonビデオ→
市川崑
「砂の器」
(1974年)

Amazonビデオ→

Netflix→
野村芳太郎
「青春の蹉跌」
(1974年)

テーマ曲→
神代辰巳
「風の谷のナウシカ」
(1984年)

予告編→

TSUTAYA→
宮崎駿
23 「人情紙風船」
(1937年)

本編→

TSUTAYA→
山中貞雄
「用心棒」
(1961年)

Amazonビデオ→

YOUTUBE→
黒澤明
「けんかえれじい」
(1966年)

Amazonビデオ→
鈴木清順
「蒲田行進曲」
(1982年)

Amazonビデオ→



U-NEXT→
深作欣二
「3-4x10月」
(1990年)

予告編→

TSUTAYA→
北野武
「雨月物語」
(1953年)

予告編→

TSUTAYA→
溝口健二
「近松物語」
(1954年)

TSUTAYA→
溝口健二
「野菊の如き君なりき」
(1955年)

Amazonビデオ→
木下恵介
「流れる」
(1956年)

TSUTAYA→
成瀬巳喜男
「薄桜記」
(1959年)

予告編→
森一生


1996年のランキングでは「七人の侍」が世界一

1995.11.08 読売新聞 東京夕刊

 映画専門誌「キネマ旬報」が臨時増刊号で、映画生誕百年を記念して「世界映画」と「日本映画」の「オールタイムベストテン」を発表した。いずれも百人を超える評論家や研究者、ジャーナリストがアンケートに回答、それを一位十点、二位九点・・・と集計した。

 これまで国内の調査では例のない日本映画を含めた「世界映画」では、黒沢明監督「七人の侍」が、外国勢を押しのけて堂々の一位。以下〈2〉市民ケーン〈3〉2001年宇宙の旅〈4〉東京物語〈5〉天井桟敷の人々〈6〉戦艦ポチョムキン〈7〉駅馬車〈8〉ウエスト・サイド物語〈9〉甘い生活〈10〉大いなる幻影--の順。

 一方「日本映画」では、「東京物語」がトップで、以下〈2〉七人の侍〈3〉浮雲〈4〉人情紙風船〈5〉西鶴一代女〈6〉飢餓海峡〈7〉羅生門〈8〉生きる〈9〉丹下左膳餘話・百萬両の壷〈10〉幕末太陽傳と出た。

 一位と二位の差はわずか一点だからほぼ同格と見ていいが、「世界映画」で「七人の侍」がベストワンに選ばれたのは、そのアクションや深い感動など優れた大衆性と、世界に通用する普遍性が評価されたからか。

 ちなみに、俳優の一位は、外国がオードリー・ヘプバーン、キャサリン・ヘプバーン(同数)とクリント・イーストウッド、日本が原節子と森雅之だった。